オーリスタットが成分として入っている医薬品

オーリスタットは肥満治療の成分として開発されたもので、初めて販売されたのはゼニカルと呼ばれる医薬品です。海外ではすでに肥満治療薬として認められ、多くの人に処方されていますが、日本では未承認となっており、医師の個人輸入によってのみ自由診療で購入が可能となっています。先発医薬品として販売されたゼニカルですが、すでに特許が満了しており、世界各国でオーリスタットを使用したジェネリック医薬品が販売されています。ジェネリック医薬品は、同じ成分で作られた後発医薬品のことを指し、本来は成分の開発に莫大な費用がかかるため医薬品の価格は高くなるのですが、成分開発の手間や費用が抑えられ、さらに製造ラインのコスト削減によって先発医薬品よりも安い薬を作ることができるのがジェネリック医薬品の特徴です。オーリスタットを配合した医薬品は、インドの製薬会社が作るビーファット、ゼロファット、オベリット、アメリカの製薬会社が作るオルリガル、イギリスの製薬会社が作るOTC医薬品のアライといったものが存在します。ゼニカルは有効成分のオーリスタットを120mg含有したものだけでしたが、ジェネリック医薬品は半分の60mgを含有したものも存在するので、まったく同じ効果が出るわけではないようです。ジェネリックの製造は服用者の利便性を高めるために、有効成分が発揮する効果に影響を及ぼさない範囲で認められているため、容量を減らすことも珍しくないようです。ゼニカルは基本的に、食事によって摂取された脂肪分の30%を排泄によって体の外に出すというものですが、60mgの成分では効果的な排泄ができず、20~25%程度の脂肪分を排出するとされます。逆に軟便や放屁、油を含む下痢といった副作用も抑えることができるため、容量は少ない方が良いとする人もいるようです。

◆オーリスタットが配合された医薬品ゼニカルを通販で気軽に入手しましょう
ゼニカル 通販